フラッグFX!高額だけど最高の寝つきと寝起きを実現

マニフレックスのラグジュアリータイプで、うっとりするような柔らかさの「フラッグFX」

マニフレックスの顔ともいえるフラッグシップモデルで、この高反発マットレスに憧れを抱いているマニフレックスファンは、私をはじめ多数いることでしょう。

いつかマニフレックスのベッド、「マニ・ボディ H-ONE」(税込178200円~)に、このフラッグFXを敷いて毎日寝てみたい!という私の夢は叶うのでしょうか??

そんな憧れのフラッグFXのサイズと気になるお値段を見てみますと、

・シングル  税込95040円  サイズ 幅100cm×長さ195cm×厚み22cm

・セミダブル 税込113142円  サイズ 幅120cm×長さ195cm×厚み22cm

・ダブル   税込141428円  サイズ 幅140cm×長さ195cm×厚み22cm

・クイーン  税込164057円  サイズ 幅160cm×長さ195cm×厚み22cm

となっておりますよ。

そしてフラッグFXはサイズオーダーができる商品なのです。

お好みに合わせて、最大特注サイズの

・幅200cm×長さ220cm×厚み22cm

まで、1cm単位でオーダーして作製することができるんです。

この最大特注サイズまでなら、どんなサイズをオーダーしても価格は税込216000円ということですよ。

そんな大きなベッドで一度寝てみたいものですね。

それこそ腰痛や肩こりなんていっぺんに吹き飛んで、いつまででも寝てしまいそうです。

フラッグFXは高級素材を使った贅沢なマットレス

「高反発マットレスでお値段が高価というと、すっごく硬くて反発力のある素材を使っているのでは?」

などと思われませんか?

「高反発イコール硬い」とお思いの方も多いようですが、高反発ウレタンフォームといっても、エリオセルのように硬いものと、とっても柔らかくてしっとりとしたエリオセルマインドフォームがあります。

エリオセルはウレタンの硬さが170ニュートン、ウレタン密度は31kg/㎥で、対してエリオセルマインドフォームは硬さが70ニュートンとしっとり柔らかい感触ですが、ウレタン密度がなんと75kg/㎥と、エリオセルの2倍以上もあり、反発力はエリオセルよりも強いといわれていますね。

普通、ウレタン素材は30kg/㎥でも高品質と言われますので、その倍以上も良いウレタンだということがわかります。

フラッグFXは、側地上下にエリオセルマインドフォームをそれぞれ2cmずつ、そして真ん中にはエリオセルを18cmも使用してしますので、お値段が高いんですね。

そして寝ころんだ時に、エリオセルマインドフォームのなんとも言えないソフトで優しい感触が体を包み込みますよ。

まさに夢のようなヨーロピアン・ラグジュアリーな世界なんです!

私はマニフレックスのショールームで、ちょこっとだけ、フラッグFXに試し寝したのですが、あの柔らかさや寝心地は、寝具で体感したことのない感触でしたよ。

私は腰が痛くて仰向けに横になれないのですが、このフラッグFXなら仰向けになることができました。

そして横向きに寝ても肩がしっかり沈み、寝返りもとてもしやすかったですね。

表面は柔らかいのですが、沈み込み過ぎなくて背中から腰の大きなS字も体に沿ってしっかりと支えてくれるマットレスでした。

もしお近くにマニフレックスのショールームや、マニフレックスの正規代理店があればぜひ一度、あの感覚を味わってみてくださいね。

マニフレックスはどこで買えるの?

まず、購入される前には、試し寝をされることをおすすめします。

東京と大阪にはマニフレックスのショールームがあり、たくさんの商品を実際に試してみることができますよ。

そして全国のロフトや東急ハンズにも置いていますし、「マニランド」というマニフレックス取り扱い認定店がありますので、そこにお目当てのマットレスがあるかを確認して、一度試してみてくださいね。

ネット通販は、安心でお得な公式通販ページをご利用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする